保証人がいても年収の3分の1以上の借り入れはできないのか?

保証人がいても年収の3分の1以上の借り入れはできないのか?

連帯保証人がいても年収の3分の1を超えられないのか?

消費者金融では大抵担保なし、連帯保証人なしで借り入れができます。では保証人を付ければこの金額を超えても良いのでしょうか。

連帯保証人を付けても借り入れはできません

これは個人が特定の借入をする場合に対象となるため、連帯保証人の有り無しは条件に含まれていません。担保があれば貸付が増額できるとは限らないわけです。

 

ただし不動産担保については総量規制対象外となるため、年収の3分の1を超える金額でも貸し付けできる可能性はあります。その不動産に見合う金額が貸付されるため、必ずしも希望の金額が可能なわけではありません。万が一返済が滞っても金融側は担保となる不動産があるためそれを現金化して残りの融資金額を得ることができます。

 

年収の3分の1を超える借り入れは利用できる場所が限定されるため、利用内容についても制限があるといえます。ギャンブルでの消費、買い物をしすぎたため生活費が不足したなどの内容は個人的な理由でしかありません。このような理由で高額な借入をする場合、既に生活が破綻している可能性があるため、お金を借りる以前に生活の相談をしたほうが良いでしょう。